意外と多額の弁護士費用はかからない場合もありますよ!

弁護士費用は高いというのは先入観?

日常生活を送っていると様々なトラブルに巻き込まれる場合があります。その時に大きな力になるのが弁護士です。しかし弁護士を依頼するにはかなりの金額が必要と思われています。実際に依頼者の年収などや依頼内容によっては30万円から100万円かかってしまいます。しかし条件によっては月々のリーズナブルな支払いで弁護士を依頼する事も可能ですよ。

自治体主催の法律相談は無料です。

まず弁護士のサービスを利用する際には、最初に弁護士による法律相談が必須です。通常法律相談を受けると一時間の相談で1万円程度の費用が発生します。しかし自治体が実施している法律相談を利用すると相談料は自治体が支払っているので、無料で法律相談を受けることが可能です。内容はもちろん個人で相談するのと全く同じ内容になります。

法テラスという方法もあります。

日本の憲法では誰でも裁判を起こす権利が保障されています。実際に裁判を起こすには弁護士のサポートが必要ですが、弁護士費用が発生してしまうので、低所得の人が民事裁判を起こすのは金銭的な面で非常に難しいです。そのような時に力になるのが法テラスによる民事法律扶助という制度です。こちらを利用すると弁護士費用をいったん法テラスが立て替えます。裁判が終了したのちに分割返済となります。そのため低所得者でも裁判を安心して起こす事が可能ですよ。

クレジットカード払いに対応している場合あり

弁護士によってはクレジットカードでの支払いに対応している場合もあるので、事前に法律事務所か開設している公式サイトで確認する事も大切です。

弁護士保険は、日常生活での法的リスクに備えることができます。法律相談や相手方との交渉等、日常生活のトラブルからあなたを守ります。

Related posts