相続で特例が適用されるのかを検討してみよう!

小規模宅地等の特例とは?

相続税には親が住んでいる家を相続によって失わないように、あるいは家族経営のような小企業が相続後も事業を継続できるように、特例が用意されているんですよ。小規模宅地等の特例といって、自宅かお店かによっても要件が異なりますが、適用されるかどうか検討してみましょう。自宅の場合は特定居住用宅地として認められるかが焦点となり、要件を満たすことで100坪までの土地の評価を80パーセント減らすことができますよ。また、お店や工場、事務所は特定事業用宅地に該当すれば、おおよそ121坪までの土地の評価を80パーセントまで減らすことが可能です。さらに、アパートや駐車場などの貸宅地は貸付事業用宅地として認められれば、土地のおよそ60坪までの評価を50パーセント減らすことができますよ。

目先の対策ばかり優先しない

不動産の相続対策はこのように特例をうまく使いながら行っていくことが大事です。しかし、相続税を支払うための現金を用意することを忘れてはいけません。節税に躍起になるあまり相続税の納税資金の確保という大切なことを見落としがちなので気を付けましょう。また、二次相続では、思わぬ納税を強いられるケースもあるので、二次相続を見据えての対策も大事ですよ。相続に関する対策法は何通りもあり、これが正解というものはありません。そのため、被相続人になる人が、これからの人生を幸せに過ごすことを最優先に考えるといいでしょう。対策を優先するばかりに現在の人生がつまらないものにならないように注意が必要ですよ。

地元の方なら相続税の税理士を神奈川で探すと便利です。面倒な書類の記入なども、任せることができます。家の近くなら、窓口でも気軽に相談することができるでしょう。

Related posts