デメリットがメリットになる!!運用を甘く見ないのも大事!!

60歳まで引き出せないのは有利か不利か

イデコにはメリットとデメリットがあります。どちらも理解して、デメリットの影響が少ないと感じるなら利用するといいでしょう。デメリットの一つとして言われるのが60歳以上にならないと資産を引き出せない点です。一旦拠出をすると、自分の資産でありながら引き出せません。急にお金が必要になっても引き出せないので、生活に困るときも出てくるかもしれません。一見デメリットのように感じますが、これが逆に有利に働くときもあります。単に買いたいものを買うために老後資産を引き出そうとしたとき、60歳まではそれを抑えられます。買いたい欲望は我慢しないといけませんが、老後の資産としてしっかり貯められます。あの時使わなくてよかったと思えるかもしれません。

全ての人がうまく運用できるわけではない

確定年金のいいところは、契約時点で将来の全てが決まる点でしょう。毎月いくら払い込むと、何歳からいくらの年金がもらえるなどが決まっています。最近は金利が低いので利回りは低めですが、それでも払込金額よりは多めの年金が受けられます。イデコは個人型確定拠出年金です。拠出額は決まっていますが、将来の年金は決まっていません。自分で運用して増やせる人は多くの年金が受けられます。ただ、すべての人がうまく運用できるわけではなく、失敗すると減らしてしまう可能性があります。税制によるプラスもあるので減った分がそのまま損になるわけではありませんが、安易に利用するのは良くありません。元本保証商品も利用できるので、上手く組み合わせるようにしましょう。

イデコとは、私的年金のひとつである個人型確定拠出年金です。加入は任意で、加入者自身で掛け金や運用方法を決めることができます。

Related posts