相続が発生してからでは、間に合わないかもしれません!

ベストな対策をするために

ここ数年、家族関係が希薄になり、遺産受け取りの権利を主張する人も増えたため、相続問題が多く発生するようになりました。相続に関しては税務知識・法務知識、不動産知識について中途半端であってはベストな選択ができないんです。

資産の大半は不動産です

日本人が持つ個人資産の半分以上は不動産です。また、相続財産のうち、特例や評価を受けて減額を受けることができる要素が一番多いのも不動産です。衣食住のひとつなので、当然といえば当然ですが、それだけ残された相続人にとっても大事なものだということができます。

不動産には複数の価格がある

不動産は、2つとして同じものは存在しません。それぞれの不動産は個別性が高く、利用状況・形状・権利関係などが全く異なります。また、不動産の価格は1つの不動産に対して複数の価値があり、一物四価といわれています。四価とは『時価』『公示価格』『相続税評価額(路線価)』『固定資産税評価額』のことです。時価に関しては査定する人によって評価が変わるので、実際は一物五価にも六価にもなりうるのです。

不動産で節税するために

相続では、不動産を上手に使うことで相続税を大きく節税することができます。しかし、事前の対策を怠ると、余分に相続税を納めることになったり、トラブルに巻き込まれることもあります。自身や家族が所有している不動産について生前にしっかりと把握して、必要な対策を取ることで、相続人の余計なトラブルを未然に防止し、優良な資産として相続することができるようになるのです。

税理士は東京が全国で最も数が多く、更に大企業専属税理士なども多数存在している全国一の税理士都市となっています。相続税の税理士を東京で探すなら、様々な業務に適した税理士が見つかりやすい環境とも言えます。

Related posts