長く返していない借金は時効になるの!?やりやすい時効援用とは

長期間返済していないと成立する時効

お金を借りる時は金融機関を使うこともありますし、知り合いからお金を借りることもありますよね。その時に長い間返済していない場合は、時効になっている可能性があります。借金は法的に定められた契約なので、法律上決められた期限までしか返済義務がありません。長期間借金を返していない場合は、返済義務がなくなるので返さなくでも良くなります。ただ時効は自動的に決まるわけではないので、手続きをしなければ認められないため注意もいります。手続きそのものは難しくないのですが、正確に手続きをしておかないとトラブルになりやすいです。借金は長い間返していなければ、返済をする義務はなくなりますよ。金融機関や知り合いから借りていた借金も、時効にできるので色々な対応ができます。

適切な手続きをしないとトラブルになる時効援用

時効になるくらい返済をしていないならば、時効援用の手続きをすれば借金をなかった事にできます。時効援用とは時効であることを、お金を借りていた相手に伝える手続きのことをいいます。相手に伝えるだけなので電話で連絡しても、時効援用の手続きは成立します。実はこの手続きは特に決まりはないので、相手に伝えればどんな方法でも手続きになります。ただ正確に情報を伝える必要があるので、証拠が残る形で伝えたほうがいいですよ。時効援用は利用しやすい方法ですが、時効であるか確認する必要があります。もし時効でないのにお金を借りている相手に伝えれば、借金の催促が来るので慎重に対応すべきですよ。

時効が完成して支払い義務が消えるにもかかわらず時効援用をしないと債務が復活することもあります。ぜひ専門家にアドバイスを受けて手続きをしていきましょう。

Related posts