今後の為に理解しておきたい!個人型確定拠出年金とは

年金はさまざまな種類があります

年金に関しては、みんなが支払う国民年金に加えて、会社等で仕事に従事している人が加わる厚生年金が見受けられます。65歳を経過すると支給される事になるのですが、それのみでは老後の日々の生活が不安と感じている人も多々いらっしゃいます。 国民年金及び厚生年金の他に、老後に年金を受けたいと考慮した場合に実効性のある方法が、個人年金、あるいは個人型確定拠出年金に加わる方法といえます。その中にあっても注目の的になっているのが、個人型確定拠出年金になります。

個人型確定拠出年金の強みとは

個人型確定拠出年金と言いますのは、一カ月ごとに一定額を積み立てていくのみならず、積立てたお金を一個人で運用していくものになります。老後は積み立てた金銭と運用によって増加したお金を受け取る事が実現可能です。 運用につきましては困難であるという印象を持つ方もいますが、いくつかの投資法をセレクトし、積立金の運用の割合を決定していくだけですから、非常に難しい事はありません。 個人型確定拠出年金のとても大きい利点となるのが、掛け金そのものが全額控除対象となることがあげられます。従って、ただ単に積立に取り組むだけよりも税金関連でアドバンテージになります。 それから受け取る際にも、控除対象となってきますので有利です。受け取り手法は、年金といった形で受け取る方法及び、一時金という形で受け取る手段があります。年金という形で受け取るケースでは公的年金控除の対象となりまして、一時金という形で受け取るケースでは退職所得控除の対象となってきます。

個人型確定拠出年金とはiDeCo(イデコ)と呼ばれ、加入者が積み立てた掛け金によって金融商品を運用するもので、色々な税制上の優遇措置を受けることができるかわりに、受け取りは60歳以降になります。

Related posts